初めての出産!入院準備と赤ちゃんの為にやるべき事

MENU

初めての出産!入院準備と赤ちゃんの為にやるべき事

出産というのは、いつ何が起こるかわからないもの。前以て入院の準備はしておきたいものです。妊婦さんの体調が落ち着いてる、かつ動ける時期の5ヶ月〜8ヶ月頃に準備してしまうのがおすすめです。

 

ですが、初めての出産だと分からないことだらけで、何から始めればいいか悩んでしまいますね。そんな時は入院用の準備物をリストアップしてみましょう。

 

ある一定の時期になれば、産院から入院に必要な準備物のリストももらえると思うので安心してください。

 

必ず必要なもの

出産での入院に必ず必要なものは

 

・母子手帳
・診察券
・健康保険証
・印鑑
・筆記用具

 

です。これらは、すぐに出せるバッグに分けて入れておいた方が必要な時サッと出せるので便利です。筆記用具は入院中に赤ちゃんの検査などに対する同意書を書く機会やママセミナーがある産院もあるので、持っておいた方が安心です。
帝王切開や誘発分娩の場合は、これに加えて手術等への同意書が必要なので必ず準備しておきましょう。

 

その他、産院から渡されるリストにある一般的な準備物は

 

・パジャマなどのルームウェア
・スリッパ
・産褥ショーツ(悪露が落ち着いたら生理用ショーツでも可)
・産褥パッド(産院で準備されているので、足りない場合。悪露が落ち着いたら夜用ナプキンでも大丈夫です)
・授乳用ブラジャー、授乳用キャミソールなど
・母乳パッド
・産褥ニッパー(帝王切開の場合はあった方がよい)
・退院着

 

です。あとはタオルやお風呂用洗面具、歯磨きセット、化粧品などの身の回りの物。そして、お箸やコップなどの食事に必要な物がリストアップされていると思います。

 

赤ちゃん用には、オムツやおしりふきの予備、ガーゼハンカチ、退院着などがありますが、オムツなどは最初病院で支給されるので、なくなりそうになったらお見舞いついでに家族の方に持って来てもらうと荷物がぐんと減ります。